エッセイ『大島智衣の「oh! しまった!!」』

✒4/18(水)up!〈25〉傘がないわけじゃない

▶11/3カタヨリ荘にて連載スタート!
『大島智衣の「oh! しまった!!」』
本当に”失敗の数だけ人は優しくなれる”のだろうか…?
いつまでもどうかしている妙齢女子のしまった!!出来ごと回顧録的エッセイ。

〈1〉40歳になった。誰からも祝われなかった。
〈2〉むかしむかしあるところに馬鈴薯姫
〈3〉落ち込んだ日にはバスのおりますボタンを押して
〈4〉パンダの“りんちゃん”
〈5〉わきの下って、もはや陰部なのでは。
〈6〉非モテの星の下
〈7〉やさしさライセンスぅ
〈8〉愛する誰かと食事しろ?
〈9〉感受性の産みの親
〈10〉大晦日を裏切る者は、大晦日に泣く
〈11〉神様、あと59秒だけ
〈12〉妖怪 “寝テル間ニ靴下脱ガシ”
〈13〉『セブンルール』に出たかった人生
〈14〉鎌倉なんかで泣いた日
〈15〉いつか、言うつもりでいる
〈16〉バレンタインの脇役
〈17〉鉄の女じゃない、姉だもの。
〈18〉天下分け目のソファ
〈19〉エントランスまで行った。
〈20〉手を、ふる。
〈21〉寿司の乗る木
〈22〉性根がスポンジ・ラブより
〈23〉ひじの皮が厚い女になりたい
〈24〉一旦、持ち帰らせてください!
〈25〉傘がないわけじゃない