PROFILE/自己紹介

大島 智衣(おおしま ともえ)

✐脚本家、エッセイ・コラムニスト

高校・早稲田大学在学中より演劇活動。役者もやる一方、主に作・演出を担当。劇団少年社中の演出助手を経て、大学卒業後「劇団帯留め」を主宰し旗揚げ。『あいのゆのみ』『スキライ』『on a trip -女トリップ-』の3公演を渋谷ギャラリー・ルデコ他で行う。役者としての舞台出演作には、瀬戸山美咲主宰ミナモザ『まちのあかりがきえるとき』('03)、『DECORATED CUTTER』('05)等。

演劇活動をいったん休止後、TV局・映画館・農業・文化事業制作・ゲストハウスなど様々な職と韓国語学留学を経験。

独創的でありながら共感を呼ぶその着眼点・考察を、映画監督で俳優の利重剛に見出され、横浜を舞台にした連作ショートフィルム Life works vol.8『花の名前』(監督 利重剛'15)で映画脚本デビュー。"いい感じの存在感"を活かし映像作品にちょこっと出演することも。


  • 脚本

獣道』(監督 内田英治 '17公開予定/脚本協力)、BOYS AND MEN主演『キスのカタチ』(監督 内田英治 他 '16/11作品中8作品担当)、Life works『花の名前』(監督 利重剛 '15 )

  • 恋愛コラム・エッセイ 

よろず女子百景』(ハウコレにて毎週火曜日更新)
男子発言ノート〜どうせ私じゃない誰かを好きな男たちの言動について』(note)

好きにならずにいられてよかった』(ミームの箱船)

  • 漫画原作

『男子発言ノート』漫画:つきはなこ/原作:大島智衣(ハウコレにて隔週水曜日更新)

  • 出演

お墓参り』(監督 吉村元希 '15 )、Life works『花の名前』(監督 利重剛 '15 )

  • 舞台脚本・演出など

mic meets カフエマメヒコ『珈琲を淹れるまで待って』(出演 mic, 舘そらみ, 優恵, 小林和寿, 利重剛 '16)にてオムニバス作品中、#1『珈琲を淹れるまで待って』・#4『御祝儀を取り返したい女』を担当。→映像版『御祝儀を取り返したい女』

  • その他執筆

BOYS AND MEN主演『キスのカタチ』公式パンフレット (取材・文)
もぐカルさんが行く!最終回! 真鶴の「おいしい」を集めました。
もぐカルさんが行く!vol.4 ベトナム「食」紀行 in KANAGAWA
もぐカルさんが行く!Vol.2 逗子・葉山 小さなカフェのランチ特集
もぐカルさんが行く!Vol.1食いしん坊からはじめるJAZZ ー横濱ジャズバー巡りー


◎執筆・その他お仕事のご依頼は、メールにてお待ちしております。

ohshima.tomoe@gmail.com


ミームの箱船|大島智衣

〜ミーム(意伝子)の箱船を漕いでいく〜 脚本家、エッセイ・コラムニスト 大島智衣のwebサイト