それは言ってほしかった- 好きにならずにいられてよかった〈6〉

好きにならずにいられる理由を探してホッとしている。

好きになってもらえるはずがないから、傷つく前に早々退散。
ホントはどーでもいい理由にかこつけて。

好きにならずにいられてよかった、恋に落ちてもよかった瞬間―。


誰かを好きだという気持ちに気づいたら、その想いは相手に伝えるべきだろう。

それでこそ人生。たとえ時間がかかっても。ゆっくりと、せいいっぱいに、その気持ちを伝えられたなら。


しかしもっと早くに、気づいたらすぐに〈言うべきこと〉って、あるのではないだろうか?


ある日のファミレス、午後イチでの会議にて。

おでこを突き合わせるように男性二人とひとしきり打ち合わせた後に、トイレに行って鏡を見て気づいた。自分の全開おでこの左右こめかみに、白い小さな紙くずがへばりついていたのだった。さっきお昼に桂花ラーメンを食べた時に汗をぬぐった紙ナプキンの破片に違いなかった。はへんてばっ!


なんで言ってくれなかったんだ!!

咄嗟に、一緒に打ち合わせていた男性二人を心の中で激しく糾弾した。彼らもきっと、心の中で言うか言うまいかとさぞかし葛藤していたことだろう……と気の毒に思いつつ。勝手に。

 

だって、こちとら昔、おばあちゃんが頭痛い時に小さく切っサロンパスをこめかみに貼ったのみたいになってるっていうのに!


言ってくれるべきじゃないだろうか。

「おーしまさん、おでこになんか白いの付いてますよ」って。

「おーしまさん、ウケますね」って。


そしたら、

「え? そうなんですか……? やだ、私ったら! すみませーん♡テヘッ」で終わるじゃない。誰も傷つかない。場が和んで、互いの距離が縮まりさえするってもんじゃない。


それを……気を使ってくだすったばっかりに(?)、 そのお気持ちはホントありがとうございますなんですが、もう、恥ずかしかった。今さら恥ずかしがるのも気恥ずかしいくらい、恥ずかしかった。


「そんなことも、あるよね」


そんなひとりごとを鏡に向かってつぶやいた。
女友だち同士が会話のオチをつけるときに使う何の解決にも救いにもならないセリフをつぶやいて、私は丁寧に両こめかみから紙片を取り除き、何もなかったように打ち合わせのテーブルへと戻った。そして会議は再開された。



好きにならずにいられてよかった。……このお二方を。

正確には、好きになったりしてしまう前の失態でよかった。好きな人の目の前で小一時間おでこに紙片はキツ過ぎる。


それに。もしも言ってくれていたら、好きにならずにはいられなかったかもしれない。

だって、好きな人とはやはり何でも言い合える関係でいたい。鼻くそ、目やに、歯に海苔、鼻毛 etc…それらは気づいたら言ってほしいし、言ってあげたい。


でも、「腹出てるね」だけは言ってくれなくてもよかったりする。

それは私自身も気づかないふりをしているので。


 

ミームの箱船|大島智衣

〜ミーム(意伝子)の箱船を漕いでいく〜 脚本家、エッセイ・コラムニスト 大島智衣のwebサイト