板垣さんがいない

今日から板垣さんがいない。


職場の通用口には全職員の名前札が掲げられていて、出勤と退勤時にじぶんの名前札を裏返す。

今朝、札をひっくり返そうとしてその取りヅラさに、あっ、と気づいた。

今日からはもう、板垣さんいないんだ。


夏から一緒に働いてきた板垣さんは、1月いっぱい迄の任期で、先週末の金曜日が最後の出勤日だった。


板垣さんとは互いにお酒好きなことからよく飲みに行ったし、気が置けないぼんやりしたじぶんで居られてとてもたすけられたし、ふんわりしてるけど芯がありきちんと意見を言う彼女が好きで、たくさんいろんな話をした。



板垣さんの名前札が掛かっているL字フックは、かなり曲がっていた。


一緒に帰る時はすぐ隣りの彼女の札もひっくり返してあげるのだけれど、板垣さんのL字フックがやけに曲がっているものだからひっくり返すのが難儀で、「掛けヅラっ‼︎」とかいいながら、そんなL字フック不運を背負った板垣さんをいつもからかって笑っていた。(カワイイ子が不運だと嬉しくなるブス心理であることを白状する。)



その札が、今日からは私の名前の札が、そのひん曲がったL字フックに掛かっていた。


あー、板垣さんの名前札が抜けて一つ横に詰まったんだ。


チョーねじ曲がった板垣さんのL字フックを笑って、板垣さんが「これでも捻って少しマシになったんですよ」とか言って笑って、「全然じゃん!」とかいっそう笑ったあの日。

板垣さんがいなくなって、そのハズレL字フックが次はじぶんに降り掛かるなんて考えも及ばなかったあのとき。


会えなくても想いは通じる、とかいうけどそこじゃなくて、会えてるときってどんだけ、、か。だって好きな人とは今生やっぱりできるだけ会っていたい。

ミームの箱船|大島智衣

〜ミーム(意伝子)の箱船を漕いでいく〜 脚本家、エッセイ・コラムニスト 大島智衣のwebサイト